磁気刺激療法・TMS

磁気刺激療法・TMS

TMS(磁気刺激療法)について

磁気刺激療法(TMS)について

「磁気刺激療法(TMS)」は、「transcranial magnetic stimulation(=経頭蓋磁気刺激)」の略で「頭蓋骨の外から、頭蓋骨を経由して」という意味となります。正確には反復して刺激を加えるので「rTMS(r= repetitive/反復))」といいますが、一般に「TMS」「磁気刺激」「磁気刺激療法」と呼ばれる場合が多いです。

磁気刺激療法(TMS)では、コイルが生む磁気により、脳の神経細胞を刺激します。当院では左側の前頭前野という、うつ病と関連性が高い部位を刺激します。その部位に約0.1秒のわずかな間だけ電流を発生させ治療を行います。

磁気刺激療法(TMS)が得意とするのは「抗うつ薬が効きにくいうつ病」ですが、現在では、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、統合失調症、アルツハイマー型認知症などの精神疾患、脳梗塞の後遺症、パーキンソン病などの疾患、慢性疼痛、耳鳴などの疾患にも応用が広がっています。

磁気刺激療法(TMS)は、積極的に活用されている海外に比べ、日本で扱っている医院はとても少ないのが現状です。抗うつ薬の効果が乏しく、長引く「うつ」に苦しむ患者さんを多く診療してきたため、開院時には、是非、この新しい治療方法を導入しようと計画しておりました。
  • 欧米諸国では保険が適応されている新しいうつ病の治療法です
  • 抗うつ薬などの薬物療法が効きにくい方ほど、その効果が期待できます
  • 抗うつ薬でみられる、吐き気、眠気などの副作用はありません
  • 麻酔を使用する電気けいれん療法(ECT)にみられる、麻酔の合併症、物忘れ、せん妄などの副作用はありません
  • 抗うつ薬と比べ、短期間で治療効果が現れます
こんなことでお悩みではありませんか? 

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 抗うつ薬を何年も飲んでいるが効果が感じられない
  • 抗うつ薬で一時的に回復しても、再発を繰り返してしまう
  • できるだけ精神科のお薬は飲みたくない
  • 電気けいれん療法(ECT)は、もの忘れなどの副作用がこわい
  • 抗うつ薬以外のお薬や、認知行動療法も試したが、効果がない
こんにちは。医療法人瑞枝会クリニック小椋です

磁気刺激療法(TMS)の効果

抗うつ薬は6~7割の方には効かないというデータがあります。その結果、抗うつ薬の種類と量がどんどん増えてしまいます。
右図の、右赤枠内のように抗うつ剤が効きにくく、たくさんの薬を処方されていた方ほど、TMSの効果が高い事がお分かりいただけると思います。(数字は寛解率)

TMG


ぜひご一緒に「うつ」のトンネルから脱出しましょう。

Q&A