求人情報

求人情報

医療法人瑞枝会の求人サイトへようこそ

求職者へのメッセージ
このサイトは、
・当法人への入職に関心をお持ちの方
・当法人が提供する対人援助スキルの研修に関心をお持ちの方
にとって羅針盤となる有益な情報をご用意しています。

ご挨拶が遅れました、理事長の小椋哲と申します。
お陰様で、H28年12月、京都市の中心で開院した瑞枝クリニックは、
H30年9月に医療法人瑞枝会クリニックに改組し、
R3年8月現在、通算5年目に入り、新患予約が半年先待ちの状況です。

精神科医1名、医事受付2名、事務長1名(臨床心理士兼任)、
財務顧問1名の少数精鋭での運営ですが、
良質な予約診療を自在に取り入れた
診療モデル(「瑞枝会モデル」)が精神科ユーザーの皆さまの
ニーズに合致した結果と考えております。

※「瑞枝会モデル」の実情・詳細については、
R3年8月下旬に幻冬舎から出版予定の「精神医療革命」を参照ください。

精神科医の育成・確保

と同時に、現在の医院の規模ではそのニーズに応じきれていないことも明白です。   
当法人としては、瑞枝会モデルを実践できる精神科医の育成・確保急務としている所以です。

その進捗に応じて、
・京都市内での分院(精神科医1〜2名)の開設
・当院(本院)の拡張(精神科医2名)
・大阪、名古屋、東京、福岡での分院(いずれも精神科医2〜3名)の開設を展開していきます。

また、それぞれの医院には、精神科訪問看護部を併設予定です。

目下、当院(本院)には新たな求人はありませんが、分院展開、本院拡張に伴い、
今後、精神科医はもちろん、医事受付、事務長、臨床心理士、
そして訪問看護業務を中心に一部、医院の採血業務を担当する看護師の求人が、発生いたします。
訪問看護部への入職では、
理学療法士、作業療法士、精神保健福祉士の資格での入職も可能です。



e−ラーニング         

その一方、「瑞枝会モデル」が拡散しアクセスが容易になるにつれ
その質が低下することがあってはなりません。

そのための施策として、
・採用時、管理職登用時の試験の実施
・サービス業としての実務のマニュアル化
・メンタルヘルスにおける対人援助スキルの体系化
・そのe-ラーニングとしてのコンテンツ化
に取り組んでいます。

それらの内容は、随時、当法人が運営する
オンラインサロン(PSMフォーラム)にアップされます。

ここまで読みすすめて頂いた方には、
ぜひ、当院の公式LINEへの登録をお願いします。

・最新の分院展開の状況
・最新の求人情報
・各種研修会・勉強会の案内
・e-ラーニングの閲覧特典(無料)
・採用時の連絡手段
を手に入れることができます。

※登録は、対人援助職に従事されている方に限定させていただきます。

登録後には、オンラインサロンのビジネス会員(無料)として、
最新の募集要項にもアクセス可能となります。

少数派と多数派との共生

最後になりますが、
当法人の職場の雰囲気が伝わるように、
理事長より、3つの切り口からメッセージを送ります。

当法人では患者さんの苦しみには、
精神疾患の症状だけではなく、その疾患のために置かれた
少数派(マイノリティ)としての社会的立場から来る苦しみも多い、と考えています。
(精神疾患のスティグマ、とも言われます。)
その点を伝わりやすくするため、
サイコソマティック・マイノリティ
psycho-somatic minorityPSM;心身の反応における少数派)という造語を用意しました。
よって当法人のミッションは、
単に、精神疾患の患者さんの症状を治療するだけでなく、
PSMとしての苦しみを癒すことができるような、少数派と多数派とが共生できる社会を模索する
となります。
そのためには、まずは当院自体が、その共生の場になる必要があります。
つまり一人一人の職員が、毎日、患者さんと出会う時、お互いが、
その共生の体験を更新しているわけです。
研修で修得したサービス業としての接遇を超えて、かといって毎回、過剰にセンチメンタルにもならず、
サラッと、でもハートの底から「お大事に…」と声をかけられる、
そんな場を、職員一同、目指しています。


求めている人物像

求めている人物像
表向きも、こころの中でも、患者さんを見下さない、
そのような感性の方と一緒に働きたいと願っています。

ミスをしたら?

誰でも仕事上のミスはあるものです。
ミスはミスとして確認した上で、その場で必ず、ミスが繰り返されないような対策を一緒に考えます。
その場の空気としては、ミスをした人の劣った能力をいかにカバーするか、ではなく、
誰でも起こし得るミスが少しでも減るような、その職場のシステムの改善を一緒に検討する、という空気です。
さて、いかがでしたでしょうか。
対人援助職の皆さん、ぜひ、
少数派と多数派が共生できる社会を
一緒に目指しましょう。

令和3年7月吉日
医療法人瑞枝会 理事長 小椋哲

どういう職場作りを目指しているか